ホワイピュアの成分からわかる疲労回復・歯ぐきからの出血に効く理由

ホワイピュアの成分気になりませんか?

複数の有効成分を配合しているホワイピュアですが、それぞれの成分には、どんな働きがあるのでしょうか。

 

ホワイピュア爽やか

 

驚きの5つの成分に注目

 

L-システイン

皮膚や髪の毛、爪などに多く存在し、体の内側から代謝を助けるアミノ酸の一種です。
毎日の食事から十分に摂取するのは困難なため、不足した状態になりやすいとされています。

 

メラニンの生成を抑制してシミ・そばかすを改善したり、ターンオーバーを促して、メラニンの排出を早める働きがあります。

 

また、肝臓の働きを助けることで代謝をスムーズにして倦怠感を軽減したり、二日酔いの原因物質アセトアルデヒドを分解する働きもあります。

 

 

アスコルビン酸(ビタミンC)

コラーゲンの生成に関わり、血管や皮膚などを健康に保つのを助けるビタミンです。
他にも免疫強化・ストレスに対抗するなどの働きや、抗酸化力が強いので、心筋梗塞や脳梗塞などを予防する働きがあります。

 

ビタミンCが不足するとコラーゲンの生成がうまくいかなくなり肌のハリが失われたり、歯ぐきから出血したりすることがあります。さらには疲れやすくなったり、感染症にかかりやすくなる場合もあります。

 

 

リボフラビン(ビタミンB2)

皮膚や髪の毛、爪の健康を保つのに欠かせないビタミンです。
細胞の新陳代謝を助けたり、成長を促したりする働きがあります。ビタミンEと一緒に摂ると、抗酸化作用がUPします。

 

ビタミンB2が不足すると、皮膚や粘膜に問題が起こります。ニキビ・肌あれ・口内炎・胃などの粘膜のただれ・結膜炎などは、ビタミンB2不足で起こります。

 

 

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

皮膚炎を予防することから発見された水溶性のビタミンです。腸内細菌からも作られるため、欠乏症は起こりにくいビタミンですが、十分に摂取しておけば、タンパク質の再合成が円滑に進み、健康な皮膚・髪の毛・歯などを維持できます。

 

また、免疫機能の維持や肝臓に脂肪がたまるのを防ぐ働きもあります。ビタミンB6が不足すると、ニキビや吹き出物ができたり、神経系の異常や貧血を起こしたりします。

 

 

コハク酸d-a-トコフェノール(ビタミンE)

若返りのビタミンと呼ばれる脂溶性のビタミンです。強い抗酸化作用で有害な物質の生成を防ぎ、細胞の老化を防ぎます。また、血行を促す働きもあり、冷え性や肩こり、頭痛や腰痛を改善します。

 

皮膚に関しては、紫外線のダメージから肌を守り、色素沈着による日焼けを軽減したり、ニキビ・肌あれによる赤みを抑える働きもあります。

 

ビタミンEが不足すると、細胞や血管が老化してしまい、生活習慣病の危険が高くなります。

 

 

 

効能・効果に納得!!

ホワイピュア成分

 

 

ホワイピュアに配合された有効成分を調べてみるとシミ・そばかすはもちろん、さまざまな不調にも対応できることがわかりますね。シミ・そばかすの薬が、なぜ疲労回復や歯ぐきからの出血に効くの?なんて思っていたあなた。そんな疑問もこれで解決ですね。

 

page top