シミとそばかすの違いご存知ですか

シミとそばかすの違い

 

シミ・そばかす対策のホワイピュア

ホワイピュアシミとそばかす

必ずと言っていいほどセットで呼ばれるシミそばかすですが、呼び方が違うだけで同じものと思っていませんか?実は違いはあるんです。

 

「違うものなのに、なぜ対策は同じなの?」と気になりませんか?

 

シミそばかすの違いと対策が同じで良い理由など調べてみました。

 

 

シミ(老人性色素班)

 

メラニン色素の沈着で皮膚にできる茶褐色の班
年齢と共に目立つようになる。ホルモンバランスの乱れによる肝班もシミの一種です。

 

ホワイピュアシミとそばかす

シミの原因

  • 紫外線
  • ターンオーバーの乱れ
  • 加齢
  • ニキビ
  • スキンケア
  • ストレス

などなど

 

一番の原因は、やはり紫外線です。若い時に日焼けを繰り返すことで、メラニンが蓄積してしまいます。そこに加齢によるターンオーバーの乱れやストレスなどが重なり、シミが気になるようになります。

 

 

そばかす(雀卵班)

 

皮膚にできる茶色の細かい班
目の下や頬が多いが腕や方にもできます。子供の事にできるそばかすと、大人になってからのそばかすの2種類あります。

 

子供のそばかすの原因

  • 遺伝によるもの(そばかすができやすい肌の体質)

思春期の頃が一番目立つが、年齢とともに消えていきます。
思春期を過ぎても消えないものは、大人のそばかすと同じ原因によるものです。

 

大人のそばかすの原因

  • 紫外線
  • 生活習慣
  • スキンケア
  • ストレス

など

 

ホワイピュアシミとそばかす

遺伝によるそばかす以外は、やはり紫外線が一番の原因です。紫外線の刺激でメラニンが活性化してしまうのがよくないようです。今は無いから大丈夫。と思っていても、親にそばかすがあったら要注意です。そばかすができやすい肌質が遺伝している場合があるので、早めの対策が必要です。

 

シミとそばかすの違いは、できる年齢なんですね。

 

どちらも紫外線などの外側からの刺激や生活習慣が原因で、できるメカニズムも一緒なので、対策も同じで良いようです。

 

シミとそばかすの対策

原因がわかれば、次は対策ですね。
どんなものがあるか、見てきましょう。

 

紫外線対策

  • 日焼け止め
  • 日傘
  • サングラス

 

紫外線対策は夏だけで良いと思っていませんか?

 

ホワイピュアシミとそばかす

日差しが弱いと思われる季節でも、紫外線は意外と強いものです。油断せず、一年中日焼け止めで対策しましょう。また、紫外線は窓からも入ってきます。外出しないからと言って安心できません。

 

『すぐそこのコンビニに行くだけだから』「ベランダに洗濯物を干す間だけだから」と対策しないで出てしまうこと、よくありますよね!?

 

そのちょっとの油断が、肌にかなりのダメージを与えます。日傘も有効です。ただ横からの紫外線や反射もあるので、日焼け止めとセットが良いですね。目からの紫外線もあるのでサングラスもおすすめです。(目に紫外線が入ると、肌がやけるといった研究報告もある為です)

 

肌のお手入れ

  • 正しいクレンジング・洗顔
  • 正しいスキンケア

毎日のクレンジングや洗顔・間違えたスキンケアは肌のターンオーバーに影響します。

 

強くこすったりすることで、刺激を受け肌トラブルを起こしやすくなります。健康な肌を保つことで、ターンオーバーの乱れも正常に戻せますので、クレンジング・洗顔・スキンケアは優しく、正しくするように気をつけましょう。

 

生活習慣の見直し

  • 規則正しい生活
  • バランスのとれた食事
  • ストレス解消

 

生活の乱れは、肌の乱れです。睡眠不足はターンオーバーの大敵です。生活習慣を見直すことは、肌トラブルの改善につながりますので、規則正しい生活を心がけたいですね。

 

今の時代、ストレス解消は難しいと思いますが、せめてゆっくり休む時間を作るように心掛けましょう。

 

シミとそばかすには、正常なターンオーバーを促すことが重要です。そのためにも日常の生活から対策したいですね。ホワイピュアは、シミ・そばかす対策の効果が認められている医薬品です。従来の対策で不十分だったと思った方は、飲んで体の内側からもケアしてみませんか?体の外側と内側のWのケアは、非常に効果的だと言えますね。

 

page top