キミエホワイトプラスと比較どちらがおすすめなの?

ホワイピュアとキミエホワイトの違い

 

ホワイピュアは、シミ、そばかすに効く第3類医薬品です。同じく第3類医薬品なのが、テレビCMなどで知られるキミエホワイトプラスです。

 

どちらもシミ、そばかすに効くと言われていますが、成分などに違いはあるのでしょうか。

 

この2つの美白医薬品を比較してみました。

 

成分と効果で比較

 

配合されている有効成分

ホワイピュア キミエホワイトプラス
L-システイン:240mg L-システイン:240mg
ビタミンC:1,000mg ビタミンC:500mg
ビタミンB2:6mg パントテン酸カルシウム:24mg
ビタミンB6:12mg  
ビタミンE: 50mg  

 

美白に欠かせないL-システインビタミンCは、どちらも配合されています。

 

ホワイピュアとキミエホワイトプラス

ただ、ホワイピュアの方がコラーゲン生成にも関わるビタミンCが倍量なうえ、他のビタミン類も豊富に配合されていますね。キミエホワイトプラスは、皮膚の健康維持に関わるパントテン酸カルシウムで、新陳代謝にアプローチしているようです。

 

効果・効能

ホワイピュア

シミ・そばかす・日焼け、かぶれによる色素沈着
歯ぐきからの出血・鼻出血
ビタミンCの補給
肉体疲労時、妊娠、授乳期、病中病後の体力低下時、老年期

 

キミエホワイトプラス

シミ・ソバカス・日焼けなどの色沈着症
にきび・湿疹・じんましん
かぶれ・くすりまけ
全身倦怠・二日酔い

 

どちらも、シミ、そばかす以外の効果も期待できそうです。

 

キミエホワイトプラスは、パンテトン酸カルシウムの働きでニキビ湿疹などの肌トラブルだけでなく、疲れやだるさ、二日酔いにも効果があるようです。

 

ホワイピュアとキミエホワイトプラス

一方ホワイピュアは、ビタミンCやB2の働きで歯ぐきからの出血にも効果があります。また、商品ラベルの効果・効能には書かれていませんが、ビタミンB2・B6の働きで、ニキビ、吹き出もの、肌荒れにも効果が期待できるのではないかと思われます。

 

 

 

服用の続けやすさ

 

ホワイピュア

1日2回(1回に3錠) 計6錠
初回限定3,880円
2回目以降4,930円(定期購入の場合)
通常購入5,800円

 

キミエホワイトプラス

1日3回(1回に1錠) 計3錠
初回限定1,900円
2回目以降4,200円

 

 

ホワイピュアとキミエホワイトプラス

用法・用量は違いがありますね。回数はホワイピュアの方が朝・晩2回なので、オフィスなどで人に見られるのが嫌な方には良さそうですね。
一度に飲む量は、キミエホワイトプラスの方が少ないので、飲みやすいかもしれません。価格に関しては、キミエホワイトプラスの方が安くなっていますね。

 

ホワイピュアとキミエホワイトプラスどちらが良いか

 

2つを比較してみての個人的な感想です。シミ・そばかすへの効果は、どちらも認められていますが、やはりビタミン類の配合量を考えるとホワイピュアの方が、期待できそうな気がします。

 

美白はもちろん、正常なターンオーバーのためにはビタミンの摂取が必要です。
でも、毎日の食事で十分なビタミンを採るのは難しいものです。

 

ホワイピュアは、不足しがちなビタミンが豊富なので、サポートとしても良いのではないでしょうか!?

 

効果を実感するには、長く続ける必要があると思うので、価格も気になるところです。

 

ホワイピュアとキミエホワイトプラス

確かにホワイピュアの方が、若干価格は高いですが、有効成分配合量を考えれば、当然なのかなと思います。どこに重点を置くかは人それぞれなので、絶対にこっちとは言えませんが、個人的にはホワイピュアでシミ・そばかすをケアしたいと思って購入しています。

page top